2012年05月26日

イタリア新婚旅行に行ってきました〜ローマ2日目〜

今日がとうとう観光できる最後の日。
思い返せば早かった〜〜

朝起きてから少し体調が悪いことに気づく・・・
気分が悪くて、せっかくの朝ごはん(と言ってもいつもおなじみのメニューだけど)が食べられなかった。
やっぱり風邪がひどくなってきちゃったかな・・・どうにか帰国まで持って欲しい。

DSC02515.JPG
朝9時頃、ホテルのロビーにて添乗員さんと待ち合わせ。
今日は2人でローマ市内観光の予定だけど、
ホテルからは距離がありバスか地下鉄かでしか行けないので
途中まで添乗員さんが着いて来てくれることになった。

それにしても今回の添乗員さんは本当に良い人だった〜
私たちのワガママ(多分、ツアー客の中で一番ワガママだったと思う)を
親切に笑顔で対応してくれた。

海外の新婚旅行の引率者なんて、私には絶対ムリだ〜
1.JPG
そして、本当に添乗員さんに着いて来てもらって良かった。
これは国鉄の列車の写真。
2.JPG3.JPG
日本の鉄道とは全く雰囲気が違う・・・不気味すぎる。。。(泣)
いつもより手荷物を気にしながら列車に乗り込む。
幸い、混んではいなかったので、スリに取り囲まれるといったようなハプニングもなく
無事にローマの一番大きい駅「テルミニ駅」に到着。


ニックネーム かな at 20:41| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

イタリア新婚旅行に行ってきました〜ローマ1日目〜

イタリア到着後5日目、ローマへの移動日。

ホテルの空調があまり効かなくてすごく寒かった上に、毛布を寝ている間にダンナに取られた。
自分のがあるのに、何で取るのよ〜〜
おかげで朝起きたら喉がちょっとイガイガしてた。

今日もあいにくの雨・・・天候が悪い日が多くて残念。
フィレンツェからローマへはまたまたバス移動で4時間ほど。

1.JPG
おとといは豪雨と雷で行けなかったので、ということで再びミケランジェロ広場へ。
2.JPG
夜景もキレイだけど、朝見てもまた違った感じでキレイ。


--------------------------------------------------------------------------


5.JPG
お昼ご飯はローマのピッツェリアへ。
DSC08726.JPG
美味しかった〜
----------------------------------------------------------------------------

DSC08728.JPG
昼食後、雨の中観光へ。
バス内で現地ガイドさんに最近流行っている「ミサンガ詐欺」の話を聞く。
勝手に腕にミサンガを巻かれて50ユーロ(5000円ぐらい)を請求されるらしい・・・怖いなぁ。
9.JPG
コロッセオに到着。
残念ながらこの日は中に入れず、外観のみ。
DSC08731.JPG
コロッセオ前の凱旋門。パリのエトワール凱旋門のモデルにもなったんだって。
10.JPG
次はトレヴィの泉へ。
私たちもお願いごとをしながら、コインを後ろ向きに投げ入れた。
トレヴィの泉近くのジェラテリアでジェラートも食べた♪
11.JPG13.JPG
次はスペイン広場へ。ローマの休日でもおなじみ。
DSC08738.JPG
階段をはぁはぁ言いながら登った後の上からの景色。
写真真ん中に見えるコンドッティ通りは高級ブランドが立ち並ぶ通り。


DSC08741.JPGDSC08740.JPG
次はバスに乗って、世界最小の国、バチカン市国へ。
DSC08746.JPG
DSC08748.JPG
DSC08749.JPG
サンピエトロ広場には、すっごくたくさんの椅子が!
DSC08750.JPG
大スクリーン。
DSC08752.JPG
サン・ピエトロ大聖堂の中は写真OK。
これは死んだキリストを抱くマリア様の像。
DSC08759.JPG
DSC08786.JPG
DSC08800.JPG
外は相変わらず雨・・・しかも段々、ひどくなってきた。
DSC08805.JPG
大聖堂の横にある建物にローマ教皇の邸宅があるらしい。
毎週日曜のお祈りでは一番上の右から2番目の窓から姿を見せてくれるんだって。

------------------------------------------------------------------------------

DSC08812.JPG
観光が終わってホテルに帰ってきた。
今日はずっと雨で体がぐったり疲れた・・・
ローマのホテルは今までのホテルの中で一番豪華だった!

ここで少しホテルをご紹介。
DSC02508.JPG
すでに部屋は散らかり気味。
DSC02510.JPG
イタリアのトイレはどこも必ず2つあった。
あとあと調べたら、左のはビデらしい。使わなかったけど。

そういえば公衆トイレも便座が無いところが多かったから、
使い捨て便座シートを持って行っておいて良かった!
---------------------------------------------------------------------------------
14.JPG
夕食はツアーでバスに乗って、リストランテへ。
15.JPG
う〜〜〜ん・・・少し期待外れかな。。。
16.JPG
このデザートは甘すぎて・・・(泣)食べれたのはこの一口のみ。
みんな残してたから、お店の人達が最後片付けるときにちょっとかわいそうだった・・・
17.JPG
イタリア旅行もとうとう明日が最後の自由日・・・

ニックネーム かな at 23:22| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア新婚旅行に行ってきました〜フィレンツェ2日目〜

イタリア到着後3日目、フィレンツェにて。

今日は丸一日、自由行動の日。
他のツアー客はピサの斜塔を見に行ったが、朝7時ホテル出発というスケジュールのため、断念・・・

そこで、私たち2人だけで今日は出かけることにした。
1.JPG
本日の朝ごはんはコレ。
ホテルが変わってもやっぱりメニューは変わらない。
手前のお皿のパンは、パンに目玉焼きが乗ってるのかと思って取ったら、パイナップルだった〜〜

2.JPG
私達は朝9時頃にホテルを出発。
車に乗って、目的地へ。さて、どこに行くのかな?
3.JPG
今日も雨が降ったりやんだりの天気。
イタリアの一軒家、めちゃくちゃオシャレ〜
4.JPG
あれ?大分、田舎にきたみたい
5.JPG
目的地に到着〜〜
今日は郊外のアウトレット「PRADAアウトレット」と「ザ・モール」にやってきました〜

最初はやっぱりファッションならミラノに行かなきゃ!って思ってたけど、
フレンツェからミラノへは列車で3時間ほどかかるらしくて、往復するだけでも時間かかるし
フィレンツェも観光したいしということで、
結局添乗員さんにお願いして、アウトレットへの車を手配してもらった。

ホテルからアウトレットへは専用タクシーが出ていて、片道1時間ほどで往復で一人2000円ぐらいだった。
でも、帰りも出発時間が決まっていて、アウトレットをウロウロする時間は2時間しかない!いそげ〜

「PRADAアウトレット」と「ザ・モール」は経営者が別で、
もともと「PRADAアウトレット」がもっと遠い場所にあったんだけど、
PRADAだけではなかなか集客が少ないということで「ザ・モール」の近くに移動したらしい。

「ザ・モール」にはDior、Burberrys、GUCCI、Marni、BOTTEGA、バレンシアガ、イブサンローランなど20ブランドが
並んでいる。

価格的に言えば、約13,000円以上で免税も受けられるので
去年の春夏物が日本の3分の1ほどの値段で買える。

コレクションで見覚えがある服も、頑張ったら買えないことはないぐらいの値段で出ているので、ファッション好きなら大興奮するはず。


私達はまずGUCCIへ。
店内に入ると、日本語が喋れるスタッフさんがいるし、
店内で聞こえるお客の会話も、ほぼ日本語(しかも関西弁)か中国語・・・
他のショップに比べても特にGUCCIはアジア人比率が高かったように思えた。

GUCCIではダンナのお父さんと妹に財布、私のお母さんに財布、妹のダンナさんにネクタイを購入。
これらも日本で買うのと比べてめちゃくちゃ安かった!
1シーズンぐらい古いモデルでも全然気にならないしね。

次はイブサンローランやらBurberrysなどをウロウロ。
そしてDiorへ。
Diorでは、めちゃくちゃ可愛いベビー服の展開があったので、姪っ子のお土産に購入。
これも日本ではなかなか手が出ない価格なハズ。。。

そしてMarniへ。
Marniではダンナ・私の自分へのお土産にということで、バッグを購入。
Marniらしいキレイな発色がステキ揺れるハート
DSC_0450 (1).JPG
最後はPRADAへ。
PRADAではダンナのお母さんにバッグを購入。
PRADAは特に中国人比率が高かった・・・・
しかもレジでどうやら揉めている様子で、レジですごく時間がかかった。

2時間を丸々使い、帰りのタクシーへ。
帰りはフィレンツェの街中で降ろして下さい、と伝えていたが
これほどのブランドものを持ってウロウロするのは危険だと思い、
一旦ホテルに帰ることにした。

妹から頼まれていたCHLOEが無かったので、妹のお土産だけ買えなかったことが心残り・・・

----------------------------------------------------------------------------------------

6.JPG
これはホテルのロビーの写真。
ロビー横に小さなカフェがある。
8.JPG
荷物を置いたらすぐに外へ。
フィレンツェは路駐がすごく多い。
イタリア人は縦列駐車がすごく上手いんだね〜と話していたが、
傷だらけの車もすごく多かった。
車は移動手段のためだけにあるという感じ。
9.JPG
大きな車は少なく、コンパクトカーか原チャが多い。
10.JPG
11.JPG
街中は馬車が走っていた。観光用かな?
馬のフンも平気で落ちているので、歩くのは要注意。
12.JPG
お昼ご飯をまだ食べてなかったので、適当にピザ屋さんに入ってみた。
ここはピザが切り売りなので、たくさんの種類が食べられる。
イタリアはどれもビッグサイズなので、小食な日本人にはオススメ。
13.JPG
私達は3種類のピザをピックアップ。
これがめちゃくちゃ美味しかった〜〜

お腹がいっぱいになったので、フィレンツェ市内観光。
14.JPG
こちらはZARA。
日本よりぐっとオシャレ&高級感があるように見える。
15.JPG
レプッリカ広場の凱旋門前。
なぜかメリーゴーランドがあった。
16.JPG
フィレンツェ市内は全て徒歩でウロウロできるほど小さい。
17.JPG
サンタ・マリア・ノヴェッラ広場へ到着。
1.JPG
広場はこんな感じ。芝生のところで寝転がったりしている。
そういえば、朝は不安定な天気だったが、お昼以降はどうやら持ちこたえてくれている様子だ。

さっきピザを食べてから1時間ぐらいしか経ってないけど、
ダンナがもうお腹が空いたとか言い出したので、広場近くのリストランテに入ってみた。
DSC08706.JPG
DSC08707.JPG
DSC08711.JPG
オシャレな店内で休憩〜〜
1.JPG
私はお腹いっぱいだったので、ダンナが頼んだカルボナーラを少し貰った。
これが、めちゃくちゃ絶品!!!!
イタリア旅行で食べた中で一番美味しかったかも!?
日本より塩加減は強い感じ?でも全然しつこくなくて、
カルボナーラって途中から「もういらないよ〜」ってなるぐらい重たくなってくるけど、
これなら全然行けちゃう〜

2.JPG
次は私が行きたかったサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局へ。
世界最古の薬局らしいが、これが薬局なの!?というほどオシャレ過ぎる。
3.JPG
オシャレなショーケースの中には可愛い化粧水やら石鹸やらがいっぱい〜〜
でも結構高かった・・・
店内奥にはジャムとか紅茶とかも売っていたので、会社の上司や親戚にお土産を購入。
のちのち、これがスーツケースを圧迫することになるとは知らず・・・

-----------------------------------------------------------------------------------------------

さてさて、フィレンツェには皮やら紙やら職人さんがいっぱいいて、市内のあちらこちらにこじんまりとお店を構えている。

皮職人のお店には2軒行った。
まずはお父さんと息子さんが営むお店。

写真が無いのが残念だが、
お父さんは「How are you〜??」と話しかけてきて、すっごく陽気な恰幅の良いおじさんだった。
皮のブックを「安くして〜」と言ったらまけてくれた。
DSC_0451.JPG
でもおじさん、ブックの中身が2010年のカレンダーなんですけど〜〜。笑

もう一軒は、太ったおばさんの皮のお店。
店内にはおばさんオリジナルのバッグやら財布がいっぱい。
おばさん、何てセンスが良いの〜〜??
これが7,000円ぐらいだったので、またまた自分達用にバッグを買った。
DSC_0453.JPG
この旅行でダンナは合計3つもバッグを購入した。バイヤーでもやるつもり??
DSC_0454.JPG
バッグの中はストライプ柄になってます

そして、紙職人のお店にも入ってみた。
1.JPG
このおばあちゃんが職人さん。
陽気なおばあちゃんで、とてもキュート!
2.JPG
おばあちゃんの作業場。
3.JPG
4.JPG
おばあちゃんは英語があまり喋れないらしく、ずっと「ピッコロピッコロ〜♪」と言っていた。
その場では何を言ってるか分からなくて後で調べたら、ピッコロは「小さい」という意味らしい。
何に対して小さいって言ってたんだろう!?笑

------------------------------------------------------------------------------------------------

買い物をしていたら、またまた荷物が増えたので一旦ホテルに帰ることに。
荷物も重いので歩くのは無理そうだったので、乗り物に乗りたいけど
バスと電車は乗り方がさっぱり分からなかったので
タクシーに乗ることにした。

適当にタクシーを拾って乗った。
ホテルまでは川沿いの道をまっすぐのはずだが、
色々市内をウロウロされて少し遠回りされた感じ・・・
でも料金は800円ぐらいだったので、まぁ良いかな。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

1.JPG
ホテルをすぐに出て晩ご飯を食べるお店探しへ。
前日のフィレンツェ観光で案内してくれた現地ガイドさんがすすめてくれたお店へ行くことに。
そこは日本人も働いているということなので安心だ。
1.JPG
途中で回転寿司のお店を発見!
2.JPG
3.JPG
久々にお寿司も良いなぁ〜と思ったが結構高かった。
お店の名前は「KOME」。笑

4.JPG
5.JPG
日が暮れてきた。
日本と比べて暗くなるのが遅いので、これでもう8時半ぐらい。

迷いながら、ガイドさん紹介のお店に到着。
が!!!!
私達と同じグループのツアー客のほとんどがこのお店で晩ご飯を食べていた!
ツアー客とずっと一緒で、ご飯もそろそろ別々に食べたかったので、
自分達で他の店を探すことにした。

この判断が大変な結果を呼ぶ・・・

----------------------------------------------------------------------------------------

地図は見ながら歩いていたが、暗かったこと(お店は食べ物屋以外、もう閉まっているので・・・)と狭い路地が続いたことで
道に迷ってしまった。

全く見た覚えが無い場所に出てきてしまった。
しかも、日本人やら中国人やらは全く見かけなくなった。
イタリア人の若者がお酒を飲んではしゃいでいる。

少し広場に出たが、どうやら音楽をかけて皆がお酒を飲んで、何かイベントをやってる様子だった。
お酒好きなダンナが
「イベントに行ってみたい」と言いだしたが、
私からしてみれば
「こんな怖いとこで、言葉も通じないのに、行けるかぁ〜〜〜」という感じ。

しかもホテルの方向がどっちかも全然分からないのに・・・!

リストランテもあまりなくて、お酒を飲むBar(バール)ばかり。

広場には警察も来ていて、ちょっとやばい雰囲気だった。


そこらへんの人に道を聞くとお金を取られるかもしれないと思ったので、
広場に来ていた警察に聞くことに。

ダンナは英語が喋れないので、こういうときのやり取りはたいてい私だ。

私:(英語で)「すいません、今この地図上のどこにいるのか教えて欲しいんですが・・・」

話しかけた警官はどうやら英語が分からないらしく、見せた地図も日本語の地図ということもあってか
分からない様子だった。

警官:(イタリア語)「イタリア語は喋らないの?」

私:「英語だけです。っていうか英語もあんまり喋れないけど」

警官:「う〜〜ん。ちょっと分からないなぁ。」

私達:「え〜〜〜〜〜(泣)」

そこで、どうやらその警官の上司らしい警官がもう一人来た。

警官@:「この人らが道に迷ったらしいんですが、英語しか喋れなくて」

警官A:「お〜〜私に任せなさい。今君たちは地図上ではここにいるけど、どこに行きたいんだい?」

私:「えっと、ホテルに帰りたいんですが・・・」

警官A:「そのホテルだったら、この道をまっすぐ行って、交差点を左、そこからまっすぐ行って、交差点を右に曲がったらホテルに着くよ!」

私達:「おぉ〜〜ありがとう〜〜」

英語はちゃんと文法が分かってなくても、簡単な単語さえ知っていたら何となく通じるものだ。
でもペラペラだったら、もっと色んな話が出来たかもしれない。
やっぱり英語は勉強しておくべきだと思った。

6.JPG
警官Aの言う通りに歩いていったらホテル近くの見覚えある道に出たので
近くのトラットリア(イタリアでいう家庭料理を出すお店のこと)に入った。

ていうか迷いながらもホテルの近くまでは歩いて来てたみたいだった。

しかし・・・イタリア語のメニューはほんとに何て書いてあるか全然分からん!!
適当に水と、サラダとお互い1品ずつ頼んでみた。
7.JPG
9.JPG
ダンナが頼んだもの。豆のパスタのような感じ。
8.JPG
私が頼んだもの。パスタかと思いきやスープだった。
パンと一緒に食べた。

どのメニューもすごく美味しかった!
やっぱりツアーで連れて行かれるお店より、自分達で適当に入った地元ならではって感じのお店の方が美味しい。

ただ、お会計が5000円ほどかかった。
そんなに頼んだっけ??という感じだが、領収書も何て書いてあるか分からないし、
水とかパンとかも頼んだし、それぐらいするのかもな〜っていう感じもあるし、
そもそも何て言って良いか分からない。

ボラれた可能性もあるが、泣き寝入りするしかなかった。


すでに時間は11時半頃だったので、ホテルに帰ってすぐに寝ることに。
今日は充実した一日だったな〜〜

ニックネーム かな at 20:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アセラAdClick
検索
検索語句